石のマンダラ 2017 2月満月

この記事は2分で読めます

石のマンダラ

 

月のフェーズごとに、そのエネルギーを受けてマンダラを創るとき、

 

こうしよう、ああしようという頭からの意図や、

他の人からの情報など、なるべくそれらを放すようにしてから、

瞑想をした後で創ります☆

 

すると・・・

 

自分でもちょっとびっくりというものができたりします。^^

 

今回のものも、なんだか意外でした。

が、この満月、月食も伴うということで、とてもパワフルですものね♪

 

皆さまはどんな風に感じていらっしゃいますか?

 

(こちら、特に寒くもなっていないのに、また雪。

窓の外が明るかったです。^^)

 

もうすでに芽生えはじめている春の命と

雪としてまだ存在を示す冬。

その行くもの、来るものへの感慨とともに

今回、創らせてもらいました☆

 

***

 

今回気になったのは、というより、

ふと手にとったら、「うゎぁ~!」という感じできた

 

ギラソルという石と、

そして一見地味ながら、かなりパワフルなブラックカヤナイトです。

 

石は多いから、ボリューミーで高品質だから

美しくてゴージャスなのだけが良いというわけでもなくて、

(もちろん、「美」という中にはパワーと癒しがありますけれど。^^)

 

同時に、ふと何気にとった小さな石に深く響いたり、

地味な石からのメッセージに驚いたりということ、

多々あります。

 

この今回とっても響いたギラソルの玉を中央に置いて、

それからはじめてゆきました☆

 

***

 

表面のわかりやすくて、傷も浅いものを手放すのはある意味、簡単。

 

けれど、今癒しが進み、深い傷まで見てみようというレベルにあり、

そのトゲトゲして荒いものを、

 

このホンワリとしたギラソルは自然な淡雪のように

優しさ、ピュアさ、包み込みで抱きしめてくれ、

そこにぬくもりと円みのようなものをもたらしてゆく。

 

丸は解かれた状態。

尖っていたものでも、しっかり包まれたなら

尖っている必要はない。。。

 

そのパワーが心の深いところに満ちるとき・・・

 

長い道のりを歩いて疲れた旅人が、目の前に

明かりのついた家を見るときのほっとする気持ち。

 

見守られ、女性性の力を与えられ、

今までのパワーとは違う在り方と違う方法で、それが真ん中にあるとき、

それは支配ではなく、慈しみとなる。

 

地のエネルギーと月のエネルギーがそれをさらに強化してくれ、

現実レベルへとしっかり落とし込まれてゆく。

 

今までいろいろなレベルでなされてきた癒し、

ハートの癒し、マインド側面からの癒し、身体の癒し、魂の癒し。。。

 

そのプロセスで、他の側面からはとうに手放しているのに、

感情だけがスタックしたように、まだ握り締めて放せなかったものを、

ブラックカヤナイトは、ミカエルの聖なる剣のように切り開き、解いてゆく。

 

「もうそれは良いんだよ、もう、ないんだよ。。。」

 

こうして改めて目を開かされ、総合的な自己を再認識したところに、

聖なる癒しの光が、潤沢に降ってくる。

 

それは今のあなたとして歩む、

あなたという聖なる存在への賛美歌のように。。。

 

あなたという女神に感謝!

内なる女神に感謝!

 

 

使った石たちは、

 

ギラソル、ブラックカヤナイト、ムーンストーン

ローズクォーツ、アラゴナイト、アンダーラ、ルビー

セレナイト、セレスタイト、クンツァイト などです。

 

 ☆特にサポートしてくれている存在☆

 

 大天使ミカエル

女神セクメット

 

このパワフルな月のエネルギーをしっかり受け取り、

 

そしてあなただけのクリエイションへと活かし、

表現してゆきましょうね☆

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 星の王子様のきつね
  2. アメジスト
  3. タンザナイト
  4. 石のマンダラ
  5. トライゴーニック
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。