素敵なドイツの女性たち

  • 素敵なドイツの女性たち はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

女性

 

 ドイツに暮らして思うのは、

ドイツって、固いイメージがあるのだけれど、

案外柔軟で進んでいる、ということ。

 

女性が生きやすい社会。

家庭でも職場でも、女性だからというハンディを

負うというより、

軽やかに超えてゆける、

そのためのサポートも、心理面含めて手篤い。

そんな風に思います。

 

家庭でもマッチョな男性主体というより、

パートナーシップの考えが強いと思います。

 

それが社会も支えているわけですが、

それを可能にしているのは、

賢いママたち、また先の世代の女性たちの

強さとしなやかさの賜物なのでしょうね。

男だから、女だからという男尊女卑を植えつけたりしない

育児と家庭運営。

 

そんなことを、ご縁あって出会う女性から

雰囲気で見せてもらえることが、

私のドイツ暮らしの幸せのひとつかもしれません。

 

最近でも、こんな方々の人生を

垣間見せていただき、刺激をいただいています☆

 

ボタン 3人のお子さんがいる傍ら、

彫金のマイスタリンとして、とてもしなやかに

創造性発揮で生きていらっしゃるステファニーさん。

彼女を見ていると、小さな、どんなところにも

遊び心と創造性をさっと発揮できるのだと、

笑顔がこぼれます。

また、彼女が時々お願いしているベビーシッターさんは

若い男性で、とても優しい感じの良い方。

(週末はカフェで働いていらっしゃり、私も知っています。)

 

ボタン 知性と優しさがにじみ出るような

穏やかさと可愛らしさを共存させて

その優しさを、集まりで発揮&シェアくださっている

クラング・マッサージの方。

お孫さんが生まれたばかりとか。

お年を重ねても純粋さをそのまま保っているような

永遠の少女のような素敵な方です。

 

ボタン 天職と思われるマッサージのお仕事を

おうちと育児との絶妙なバランスで、自宅でなさっていて、

深い寛ぎと幸せ感を贈ってくださるKさん。

地に足がついた生活振りが、ドイツ女性だなぁ。。。と

感じます。

 

ボタンこの場所、オアシスがあるからこそ、私の根っこは

すべてが新しい土地でも、育ってくることができたと感じる、

引越し後、ヨガのコースで毎週お世話になっている

体の整えのサポーターの先生、モニーク。

自然体で笑顔がとても素敵♪

そしてすでに息子さんは成人して、彼女の人生を、

また新たな章として構築中。

 

皆さんの共通点は、

ボタン ご自分がお好きな、適したお仕事をしていること。

ボタン そして、そのお仕事と人生を愛していること。

ボタン 強さと優しさが共存していること。

ボタン ご自分をしっかり知っていること。

ボタン 何らかの専門の知識、経験を深めていらっしゃること。

ボタン 創造性や美的感性を発揮していらっしゃること。

ボタン ハッピーな関係性を持っていらっしゃること。
あるいは現在そうでなくても、そのための情熱があること。

 

こうした素敵な女性たちとの出会いを通して、

私の女性性も栄養を与えられ、

さらに私だけの花を、大きく開く勇気をいただけています♪

 

また小さな世界ということでは、

うちの夫からも柔軟な、男だから、外で働いているからという

従来の固い考えをしなやかに超えた

さまざまなサポートをもらっているおかげで、

私の世界も潤いと輝きが、保たれているのだと感じています。

 

女性の姿勢が他の女性をも

潤す・・・

素敵な循環ですね♪

 

また、ここに書きました以外の、ドイツ女性の生活、人生など

ちょっとまとめてみたものは、こちら からお読みいただけます。

 

  • 2016 11.20
  • 素敵なドイツの女性たち はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 男女
  2. カフェ