システマチックに理解したいということ

  • システマチックに理解したいということ はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

クリスマスマーケット

 

以前。。。少し前のことになりますが、

ある方のリーディングの際に、
私のチャクラのデータバンクの情報より、

「とてつもない好奇心を持っていて、
そしてシステマチックに理解したいという 願いがある」

これを伝えていただいたことがあります。

そのときも、

「そうだな~」とは思ったのですが、

私にとっての好奇心って、
みなさん同様、自分にとってはそういう形で発揮されるものしか
知らないですし、

「えっ、特にとてつもないってことでは、ないのでは?」と
思ったのも事実です。(笑)

けれど。。。

さまざまな学びを、それ以降も続けてきているわけですが、

ああ~、ほんとにそうなんだなって思いました。

***

私が最近まで、インテンシブな内なる巡礼をしていた際の
ガイドさんは、もちろんエレメント、石たちの聖なる存在たち
でもありますが、

人間存在として、すばらしいティーチャーも
また導いてくださるお一人でした☆

彼女と共鳴するところがあるため、
ワークもいつもモチベーションを持って続けてこれましたし、

たぶん、ベストタイミングだった、機が熟していた
これもありますが、

 

彼女に響いた理由のひとつは、

彼女自身も、システマチックに理解したいタイプ、
これがあったのではないかなと思います。

あるいは、ほどよく放してくれるというか、
大人な感じというのでしょうか。^^

ですので、彼女の道なり、Pathなりを通じて
集めて来られ、そして構造化された知識なりは
私にとって、とても理解し易く、
ワァオ!の連続だったんですね。

 

 あるいは、私がいつも変わらぬ信頼を寄せる
ライタリアン研究所のファウンダーたちも

その、構造化されたシステムを作ってくださり、
具体的に提供してくれるワークがあるわけですが、

個々のモダリティなり、ワークも、
その背景に、きちんとした構造があるために、
とても使いやすいものになっているのだと思います。

お二人とは、今でも、季節や行事ごとに、ゆるりと写真など含め
送り合ったり、交流をさせて頂いてきていていて、

個性についても、尊敬とともにずっと拝見しているのですが、

お二人とも、クリアコグニザンスの能力もお持ちで
(シンプルに『知っている』ということ)

特に、構造化については、

元電気関係分野の、高度な専門家であったクリストファーさんの
その資質がとっても活きていると思います。

ですので、それと直感、直観があわさることにより、
構造化され、使い勝手の良いシステムとなったのだろうと思います。

ライタリアンのワーク、アチューンメントについてご興味のある方は
どうぞ こちら からごらんください。)

 

実は私自身、

これからフォーカスしたいのは、より構造化したものとして、
今までの学び、知識、体験などを創ってゆきたいということです。

***

それはたとえば、

おいしいフランス料理が食べたい、自分で作ってみたいと
思ったとします。(← たとえが急に日常レベルに。笑)

 

それが可能になるには、

・材料があること
・作り方がわかっていること
・一度だけではなく、何度も作った上でのコツや
ここ注意ね!の部分もわかっていること。

さらに、フランス料理以外の、たとえば日本料理だとか
個性の違うものについても造詣なり、知識があったり、
作れたりという、幅、奥行きがあると尚良い。

あるいは、フランス料理の真髄とは・・・ということで、
フランス料理の歴史とか、他との比較でのより際立っての
個性の把握だとか、

あるいは、さらに高度になれば、レシピなど要らずとも、
柔軟に即席に、どんなものも、その人のお好みや
即席の材料で、最高のものが作れるなど、

作るということでも、いろいろ段階があると思いますが、

ささっと料理をしている姿で、それらのことが
いつも全部伝わるのかはわかりませんが、

 

奥行きのあるものを持っている人は
料理人さん、シェフであろうが、
まったく他の分野であろうが、

やはり確固とした基盤の上で、更なるスキルアップを
続けているように拝見します。

それは、ひとつひとつ、しっかりした軸的なものが
たくさん立っていて、
しかも、それぞれがうまくつながっていて、

機能的に、総合的に働いている、
そんな感じかなと。

 

先日参加した友人のクッキングコースでも、

何気ない一瞬の動作に、それを感じたりしました。

それは、スプーンで味見する一瞬の表情であったり、
あるいは生地へいれるバターの温度をチェックする
何気ないその動作などですが、

物言わぬ、その一瞬に
なんだかある種の、いい意味の鋭さ、シャープさがあって、

普段、カフェでまったりとおしゃべりしている友とは

また違った表情を見ることができ、

友の蓄えてきた、生きたものとなっている
内なるところにある豊かな知識や経験が・・・
垣間見えました。

 

私も、しっかりしたものをベストな時期に、

みなさまにお届けできるように、自分の個性フル開花で
これからも行きたいと思います♪

 

 みなさまと響きあいながら、あなたの個性と、オリジナルな path
それをサポートするオンライン・コース (ライフパス・エンパワメント)を現在作成中です。
詳細は作成後、こちら からご覧いただけます。

 

  • 2015 12.01
  • システマチックに理解したいということ はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ばら
  2. 気づきの光
  3. woman
  4. 葉
  5. 存在する
  6. 海

    2015 07.28

    旅の効用