日本から戻りました。

  • 日本から戻りました。 はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

蓮

 

みなさま、このシルバーウィーク、
いかがお過ごしでしょうか?

そして少しのご無沙汰をしておりました。。。

おかげさまにて、少し前にスムースにつつがなく
さまざまを終えて、日本よりドイツへ戻り、
だいぶ落ち着いたところです。

もう秋の気配のするこちらドイツですが、
今日の雨の後、それがあがった庭の風景を眺めながら、

鳥たち(ロビンくんやつぐみたちなど)や
まだ咲いている薔薇などに癒されながら、
元気をもらいました。

自然はヒーリングのパワーに満ちていますね。

***

このたび、母の急な移行につき
日本へ夫と帰り、大切な行事にはすべて出席でき、
あの世へと見送ることができ、
間に合うように行けたことがありがたいです。

お仕事の方で、予定をずらしていただいたり、いろいろご迷惑を
おかけした方もいらっしゃり、ごめんなさいなのですが、

母の人生の締めくくりの、大切な行事に間に合って、
ほんとうによかったです。

母はいろんな意味で私にとってのティーチャーでしたが、
80歳という天寿をまっとうして、
長患いもせず、入院も一日もすることなく、
誰にもほとんど迷惑をかけることなく、
静かに明け方に逝きました。

しっかりした気性で、人に迷惑をかけないということを
とても大切に生きた真面目な母でしたので
母らしいなという風に思います。

一緒に住む弟含め、もう一人の弟、親戚の方、
近所の方などのお手伝いをいただきながら、
行事もすべて調和の元に運び、最期のお別れも
とてもいい形でできました。

私はドイツと離れていることもあり、
弟にほんとにほとんどすべて、任せる形でしたが、
立派に喪主も務めてくれ、ありがたかったです。

今回、カナダへの出張の予定とぶつかりながらも
現地の人たちと予定を変更してくれ、
同行してくれた夫の存在も、とてもありがたかったです。

やはり一人だったら、とってもきつかっただろうな~と
思います。
夫がいろいろ支えてくれて、元気で帰ってくることができました。

また、今回生まれて初めて、他の場所に預けられるという
経験をした愛犬の花も、しばらく体調的に大変でしたが、
おかげさまでこちらも落ち着いたようです。

花も家族の一員として、この緊急時一緒に乗り越えてくれました。

***

生きるということ、そして誰にも訪れる移行ということ。。。

深い人生の真実の前で、まだいろんなものを咀嚼中です。

大きな変容の機会として、これからしばらく、
少しゆっくりリズムにて、プロセスを大切に体験してゆきたいと
思っています。

こちらのブログも、これからゆっくりペースでUPさせていただきますね。

感謝をこめて。。。

Love & Light

花井 音葉

  • 2015 09.22
  • 日本から戻りました。 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. rose