愛と仕事も人間関係も・・・

この記事は2分で読めます

woman

 

私たちが人生において大切だと思うこと、

それには、やはり愛にまつわること、

仕事などにまつわること、

人間関係にまつわること、

それらがあると思います。

大切なことであると同時に、また、それで悩んだことがない人って、

世の中にたぶんいないのではないかな・・・という、

人生へ時に、チャレンジをもたらすことだったりもします。

 

それぞれにおいて、より自分に合ったものにしたり、

いい状況にしたりすることに、その時々で響くツールを使ったり、

努力することはもちろん、私たちは試みるわけですけれど、

究極のところにあるのは、

それを通して『自分を知る』ということなのではないかな・・・と

ふと思ったりもします。

他者やフィードバック、反応を通して、自分自身について

自分視点からではない見方を、教えてもらう機会でもあります。

またそこを入り口として、宇宙と調和するという、究極の目的に

導かれることでもあると思います。

 

小さくて身近な、ちょっとした、心に刺さるトゲの源ともなる

それら、人や状況や仕事や関係性など。。。

自分自身を知り、その投影元である自分自身とワークすることで、

自分が格闘していたものが、他にあったのではなく、

いくつかの強力な、そして真実ではない信念に根ざしていた、

そんなことに気づくかもしれません。

自分を知ることはさまざまなレベル、奥行きのあることであり、

準備ができているところまで、開示されるのだと思いますし、

生きている限り、生を超えて「いのち」がある限り、

さらに奥を示してくるものかもしれません。

 

自分が今ちょっと気になったり、躓いていることを眺めつつ、

その元としての、自分について、さらに柔軟な視点で見ることを

心がけること、いつも大事なことですね。

私自身も、そのときは「絶対相手が悪い!」と信じきっていたこと、

それを今振り返ってみると、状況なり、相手なりを解釈した

そのときの私自身のフィルターのゆがみとか、独特のフィルターの色づきなどを

発見します。

そしてその当時は、自分を鑑みる余裕も、そういう風に振り返るという視点も

もてなかったことに、「ごめんなさい」と思います。

けれど、すべてはある意味、タイミング、機縁というものがありますので、

自分自身も、相手も、そのときの思いも。。。ただそのまま、

変容の炎に入れて、色づけを解いた、ニュートラルなものとして、

宇宙にお返ししたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 石のマンダラ
  2. me
  3. カフェ
  4. woman in feflection
  5. 雲間からの光
  6. 豊穣の女神
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。