押さないでいる学び

  • 押さないでいる学び はコメントを受け付けていません。

この記事は1分で読めます

葉

 

私の大好きな、そして尊敬するメンターである

ライタリアンのファンダーのクリストファーさんの本などでも

書いてあるのですが、

スピリチュアルな道のりを、山登りとたとえると、

最終ラウンドのそれは、

スピードアップするのではなく、スピードダウンが促される

そんなことが書いてあります。

見守り続けてくださっている聖なる存在たちからも

手を放され、自由裁量という部分が増えてきて、

その分、肉体を持って生きる存在の自分ということに

よりエンパワメントする力が育ってきて

同時に、

サレンダー、手放し、リラックス、押さないでいる学び

let it go というような

どちらかというと、「静」「 being 」的な側面が増えてきます。

この「押さないでいる学び」

この過程においては、信頼を育てることが大きなフォーカスと

なります。

 

自分自身に、そして聖なる存在、宇宙に、

そしてすべてを調和のもと司る大いなる力に。。。

 

この時期をすごすのに、時に信頼できるメンターと話したり

自分の時間を大事にしたり、しっかり緩んだり、

そんな何でもないように思えることが、とっても大切になってきます。

また焦ったり、なにかをしなくちゃ!と思ったとしても、

識別をしっかりすること。

今はいろんなものがあふれていますから、見極めるというレッスンでも

あるかもしれませんし、

その識別のセンスを磨くのも、とても大切です。

それには、地味なようですが、

なんでもない普通のことを大切にすること、その姿勢。

それに尽きるように思える今日このごろです。

 

天に伸びるにも、しっかりグランディングしているからこそ。

それを忘れないでいたいと思います。

 

  • 2015 07.30
  • 押さないでいる学び はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 海

    2015 07.28

    旅の効用

  2. 川の流れ
  3. クリスマスマーケット
  4. カフェ
  5. 気づきの光
  6. rose