ヒーリングって?

  • ヒーリングって? はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

ゆっくりと

 

ヒーリングの定義っていろいろあると思うのですが、

究極、

変容するためのプロセス、そしてそれにかかる時間を尊重し、

また他者のそれも同様に、認めること☆

尊重して見守ること☆

そんな風に感じました。

 

ヒーリングって、コントロールではないし、

無理に起こすもの、変えるのでもありません。

たとえば、なにかをろ過するときも、

そのプロセスにおいて、無理に力をかけて押したりすると、

抽出されるエッセンスが、にごったりします。

私が先日体験したことですが、

赤スグリのシロップを作っていて、

去年はとても美しいルビー色のものができて、

とてもうれしかったのですが、

今年もほぼ同じ工程でしたと思っていたのですが、

出来上がったシロップ、ちょっと海老茶色になりました。

そして、どんな風にしたかを思い返したら・・・

最初だけではなく、途中でもギューギュー押して

ジュースを無理に絞ろうとしていたなと気づきました。

最初にやったら、後はそのまま置いておいておき、

熱を加えるだけでよかったのです。

 

なんでも即席でやろうとしたり、自然の中で熟成するところを

ついはしょったり、急がせたりすると、

どこか純粋性が損なわれる、そんなことを感じました。

お料理だけではなく、私たちのさまざまなレベルのヒーリング、

そのプロセスも同じです。

レイキの先生の土居先生も、

「あ、これはそのまま体験するのがいいなと思うことは、

ヒーリングなどなにもしないで、そのままおいておきます。」とおっしゃっていて、

なにがなんでも、なにかを使って働きかけて

なくなるようにする、そういうことでもないんですね。

 

魂の計画として、時にはその痛みなり不具合なりを通して、

より大きな自身へと脱皮する、再統合する、

それを全体のピクチャーとして保持しているわけで、

そのためのプロセスがあり、

短絡的に、痛いからとりましょ、なくしましょ、

簡単にサクサク、変換しちゃいましょ、だけではないんですね。

それぞれの時期において、なにが必要なことなのか、じっくり見る、感じる感性も

やはりとても大切だと思います☆

 

  • 2015 07.30
  • ヒーリングって? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ヒーリング

    2015 11.09

    ヒーリング

  2. 光