セント・ジャーメインからの気づき1

  • セント・ジャーメインからの気づき1 はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

深いヴァイオレット

 

一時的に眠りが浅くなったときのようでした。

何の前ぶれもなく。。。

ただシンプルに、直観が降ってきたのです。

深い直観。

それはマインド、感情、ハートのレベルへと、

スピリットレベルからの英知が、完璧に伝えられた感のある、

あたま、マインドだけでわかっている状態ではなく、

内側、わたしたちのマスター性とも言えるところから

自然に湧き上がってくる感じで、

これをクレアコブニザンスと言うのね。。。なんて

夢うつつの中ではっきり感じていました。

 

わたしは常々、とても寝つきがよく、いつも快適な睡眠を

充分もてるタイプで、とてもありがたいです。

また、眠りにつく前には特に、守護の天使たち、ご縁の深いマスターたちを

特に導きを得たい存在の名前を呼んで、感謝しつつ眠ります。

一日をしっかり「閉じて」、聖なる空間でスピリットを

休ませるためでもあります。

そしていつも、ご縁を感じる存在に

「夢の中でも必要なことを教え、導いてください」とお願いします。

そしてその直観智をもたらしてくれた夢というか、

意識にはっきり残っていた英知ですが、

セントジャーメインからのものであると感じました。

 

その内容は、「顕現」に関することでした。

わたしは特に顕現について、引き寄せについて

考えていたわけではなかったのですが、

けれどひとつ、近い将来にやってゆきたいなと思うことが

最近クリアになり、

それを、どうやって実現化できるだろうか。。。と考えていました。

 

いただいた直観からのエッセンスは、

頭ではすでに知っていることです。

けれどそれが内からあふれるように、夢という、意識が眠っているときに

疑いようのない事実、真理として流れ出てきたのです。

シンプルにいえば。。。

「その波動になることを意識するだけでいい。ただそれだけだよ。」

というメッセージでした。

自分自身の中に持つ、無意識レベルの思い込み・制限を解いていれば、

それはただすんなり、当然のようにわたしたちのこの現実世界へと現れる。

 

そしてセント・ジャーメインが気づかせてくれた

顕現に関する私の制限の思いがあり、

それは、

● 簡単に実現したら、自分が向上しないし、その能力を

あまりいい意味で使わない可能性も、あるのではないかという恐れ。

● ある面において、いろいろ曲がりくねった道を進むことに

スリルや達成感、ドラマを感じていたような側面。

それらがはっきり見えたのでした。

 

もちろん、それを表面意識で認知、理解していたわけではありません。

日のあたるところに、無意識に抱えていた思い込みが浮かび上がり、

「なぁんだ。。。」という風に溶けていったのです。

こんな風な思考が眠っていたことには驚きましたが、

けれど今、シンプルさに戻り、その曲がりくねったドラマの中で、

自分を感じようとするような、そういう真実ではないものを手放していける、

そしてすでに手放したのだと思いました。

 

顕現のキーポイントは、どこでも言われることですが、

『意図』 (どんな目的があってそれを達成したいのか?)

『その波動になることを、まず意識する。一にも二にも。。。』

ということでした。

 

こういうなんでもないことが、深いレベルでしっかり入ったときの感動は

静かで穏やかでとてもクリアで、特別なものでした。

この感覚をしっかり覚えておこうと思います。

この強い体感、感覚がギフト・導きだったのだと思います。

そしてセントジャーメインに、心から感謝します。

ありがとうございます☆

 

セント・ジャーメイン2

  • 2015 07.29
  • セント・ジャーメインからの気づき1 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ヴァイオレット