つぶやき 愛しの石たち ロードクロサイト

  • つぶやき 愛しの石たち ロードクロサイト はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

星の王子様のきつね

☆ ロードクロサイト☆

星の王子さまのきつねのような存在(英知を伝えてくれる存在)が
出てきて、

こんな風景と話を伝えてくれました。

まずその場のイメージとして、ある子が、ドアの前で
どちらの部屋を選ぼうか迷っています。
けれど迷っていながらも、ニコニコしていて、
いずれにしても楽しい旅のような感じです。

ちょっと入って大まかに俯瞰してみると、

片方の部屋は穏やかで物事がとても安定していて平和です。

そこではあまりいろんなことが起こるわけでもなく、
旅する距離もごく短い感じなのです。
それは東京に住んでいて、ディズニーランドにでもゆく感じ。

そしてもう一方の部屋はというと、特急列車に乗りながら、
ビュンビュン飛ばしていろんな景色を見ながら、
また体感、体験しながら、

とてもエキサイティングでワクワウする旅です。
けれどのんびりゆったりの旅ではありません。

ごく速いスピードで、世界中を旅して回るような感じです。
そしてちょっとあまりにも速くすべてが起こる感じです。

その両方の部屋の良さがあって、どちらとも
その子は決められないのでした。

そうしたらそのきつねが、ほら、もうひとつの方法、道が

あると示してくれたのは、

その真ん中にある中庸の道でした。

その中庸の道は真っ白で、そこを歩いてゆく足音も白い砂浜につく、
しかもキラキラの足跡なのです。

その子はその3番目の道に魅了され、きつねに聞きます。

子供:「ねぇ、どうしたらそこを選べるんだろう?」

きつね:「それは真ん中にいるということなんだ」

子供:「でもどうやって?」

きつね:「それは実は、どこにもいないっていうことを

「知る」ことなんだ。

あのね、君がどこにもいないということは、

全部にいるということ。
そして全部にいるということは、

どこにもいないということ。

それをわかるために、体験しているというのが、わかるかな?

すべて自分が体験しているんだ。
すべてと遊んでいるんだ。

君はそれほど大きな存在で、クリエイティビティの
本当の大元である宇宙は、君の中でそんな風に
働いているということなんだ。

子供ってそうだよね?
あるときはこの世界にいて、あるときは別の世界にいる。
あっちへ行ったりこっちへ来たり、自由自在だよね。

とらわれがないし、どれが夢でどれが現実でという

区別もないんだ。

だって君らはそう在れるんだから。

子供はただそれを誰にいわれるまでもなく、ただ知っていて
「体験」しているということなんだ。」

子供:「ふーーん」

きつね:「だからね、理屈で縮めないで欲しいんだ。
だってそれはそれは大きなものなんだから。
そんなもので収まりきれないんだ。

理屈はその二つの部屋とひとつの道から、
ひとつを選べというよね。

けれどね、全部!あるんだよ。

そんなことを思い出させるのが、その石なんだ。

これには宇宙の創造のエネルギー、暖炉のような
クリエイティビティの炎があるんだよ。

君も内側にあるクリエイティビティを、

自由に解き放ってごらんよ! 
感じるんだ、今君が選んだ世界を!

そしてそれはただひとつではないことも知っておいて。

それを「知っている」というところから眺めることが、
その白い足跡の真ん中の道にいるということなんだ。」・・・

***

子供心、インナーチャイルドとその創造性の炎。

そんな観点から語ってくれた気がします☆

*他の『つぶやき愛しの石たち』は、こちらから
お読みいただけます。

  • 2015 07.27
  • つぶやき 愛しの石たち ロードクロサイト はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 石マンダラ
  2. いやしの石マンダラ
  3. 石マンダラ
  4. ダイオプテ-ズ